検索
  • 和田一成

狭山市立博物館のバーチャル見学ツアーのオープニング 20210405

埼玉県狭山市立博物館において、ホームページ改訂に伴い、360パノラマ写真を連結したバーチャルツアーをご提案し、制作をお手伝いしてきました。4月1日にオープニングが行われ、一般の方々にも体験していただくことができる様になりました。コロナ禍の中で、なかなかこうした公共施設を訪問することもままならなかった訳ですが、このツアーを見ていただければ、この博物館の素晴らしさを体験していただけるはずです。ぜひ、下記のリンクから、覗いてみてください。またコメント頂ければ、今後の参考にしたいと考えていますので、ご忌憚ないご意見、ご感想をお寄せ下さい。下のリンクから「常設展バーチャルリンク見学」に行き、真ん中の三角形の開始ボタンをクリックしてください。

https://sayama-city-museum.com/permanent/



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

構図とは何か 20210329

私は、夕陽の沈む方向や潮汐、天の川のかかる方向などを知ることのできる非常に便利なアプリPhotoPillsを利用しているのだが、そこが時折写真関連の無料ビデオクラスを開催していて、私はよく視聴させてもらっている。今回、Jose Bonito Ruiz氏による「写真における構図」というタイトルのビデオが公開された。このタイトルで1時間以上に渡って話をできるだけでも大したものだとは思うが、なかなか示唆

鎌倉の寺院の撮影 20201223

鎌倉は妻康子の育った地であり、義兄ご夫妻や義叔父母のお宅もあり、訪れることが多い。言わずと知れた武士の最初の都であり、神社仏閣が非常に多い街である。街自体が比較的こじんまりとしているところや、小高い丘陵に囲まれ樹木が多いところも気に入っている。写真対象には事欠かない街ではあるのだが、今まで注視して来なかった。これを大いに反省し、鎌倉の神社仏閣を少しづつ撮影していこうと思い立った。義兄のお宅からも近

360パノラマを撮影すること 20201220

360パノラマ写真は20201218のブログでも書いた通り、かなりの枚数を撮影する必要がある。ただし、これは超広角のレンズや専用の超高額の専用360度カメラを有していれば、もちろん事情は異なる。僕が360パノラマ撮影に使っているレンズは17-35mmの標準的な広角レンズなので、17mmにしたとしても十分な重複も含めて周囲24方向にカメラを回転しなくてはならない(これは実験を通じて得られた僕の撮影ス