検索
  • 和田一成

滝を撮影すること 20201218

 このところ、滝を撮り続けている。何がきっかけなのだろう。いくつかの素晴らしい滝に出会えたのは事実。吐竜の滝も、海沢渓谷の滝も。撮影した時点で、というよりその場所に着いた時点で、ある種の確信が持てる。絶対に美しい現像結果が得られるだろうと。だから、撮影の後は、楽しくて仕方がない。しかし、なぜ滝にこんなに魅了されるのだろうか。僕はできれば人のいない、人工構造物のない自然のままの滝を取りたい。すると、撮影対象とする滝も奥地にあるものを選ぶことになる。必然的に山歩きをしなければならない。苦しいし、寒いし、沢水で濡れたりする。滑って転ぶことだって。でも、帰ってきて現像して、このサイトやSNSなどにアップすると、その後は次の滝を調べている。


 滝は、急峻な岩場にあり、流れ落ちる水は撮影の仕方で色々な表情を見せてくれる。滝壺の水の色もその深さや透明度によって様々。滝壺の深さも落下する水の量や勢いで異なる。それに秋には落ち葉が岩や小石の上に降り積もる。水面の上の落ち葉は、水の流れによって渦を巻く。樹木の隙間からは陽の光がさし、時には光芒も発現する。魅力的でないわけがないのだ。この感覚は、海の撮影にも通じているように思う。ひと時として、同じ表情はないのだ。それを思うと、落水している様子だけを撮るだけではもったいないと思うようになった。つまり、周囲の樹木や空も。それで、最近は滝は360度パノラマで撮影している。1箇所で1方向3枚づつのHDR撮影を24方向で行い、1箇所最低72枚を撮るスタイルを続けているので、時間はかかるし、後処理も結構ある。まあこれも楽しいのだけれど。ただし、所謂、スチル写真では主題が何か明瞭にしなければならない(らしい)ので、写真としては王道からずれる事になるのだろう。スチル写真は一応、そのつもりで現像していますがね。 

 

 おそらくこれからも、滝の探索は続くのだろうな。地球科学を職業にしてきた人間としては、岩盤の特徴や滝の形状などについても、少しは科学的な観点からコメントできると良いと思う。


15回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

構図とは何か 20210329

私は、夕陽の沈む方向や潮汐、天の川のかかる方向などを知ることのできる非常に便利なアプリPhotoPillsを利用しているのだが、そこが時折写真関連の無料ビデオクラスを開催していて、私はよく視聴させてもらっている。今回、Jose Bonito Ruiz氏による「写真における構図」というタイトルのビデオが公開された。このタイトルで1時間以上に渡って話をできるだけでも大したものだとは思うが、なかなか示唆

鎌倉の寺院の撮影 20201223

鎌倉は妻康子の育った地であり、義兄ご夫妻や義叔父母のお宅もあり、訪れることが多い。言わずと知れた武士の最初の都であり、神社仏閣が非常に多い街である。街自体が比較的こじんまりとしているところや、小高い丘陵に囲まれ樹木が多いところも気に入っている。写真対象には事欠かない街ではあるのだが、今まで注視して来なかった。これを大いに反省し、鎌倉の神社仏閣を少しづつ撮影していこうと思い立った。義兄のお宅からも近