top of page
検索
  • 執筆者の写真和田一成

DETRによる物体検出 その1

2022年年末あたりからAIによる物体検出の実験をしている。その中でDETRによるアプローチが、広い可能性のある汎用性の高いモデルとして注目されている様である。これは、Facebookの研究チームが2020年に公開したもので、End-to-End Object Detection with Transformersの略である。初めてTransformerを物体検出に利用したモデルで、Transformerに画像を入力するだけで物体検出が可能というシンプルな構造を有しているのが、DETRの特徴のひとつである。

今回、撮り溜めてあった写真を入力画像として利用してみた。以下の写真は2022年の川越祭り前日に訪れた際の写真で、データセットCocoを用いて、物体検出とバウンディングボックス、その確率を示している。抜け落ちなくperson, bicycle, traffic light, handbag, carなどが検出されており、その精度に驚かされる。ただし、Cocoは米国を中心として構築されているデータベースなので、駐車禁止のサインがstop signとなっているのはご愛嬌。

さらに山車の準備をする川越市民の様子を示すのが下の写真である。

さらに、Attentionの表示をおこなった。これは、写真中のどこにpersonと判断するのに注目しているかを示すAttention weightと呼ばれるデータを可視化しているものである。明るい箇所にAIが注目しているということで、手や頭髪だったりするが、なかなか興味深い。




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年の鎌倉3D化計画

2024年の鎌倉における3Dモデル生成を計画している箇所を以下に示す。 場所:北条氏常盤亭跡 対象:法華堂跡、やぐら  ・・・24年1月現在、土砂崩れのため入れず 場所:大仏切通し(追加分) 対象:切通しと側壁 ・・・実施済み 場所:天園ハイキングコース(覚園寺裏山) 対象:十王岩、朱垂木やぐら、百八やぐら・・・実施済みも追加実施予定 場所:朝比奈切通し 対象:切通しと側壁 場所:明月院 対象:明

Commenti


  • 赤城山周辺の秋の風景
  • Kazushige Wada
  • Instagram
bottom of page