top of page
検索
  • 執筆者の写真和田一成

3Dモデルの公開

更新日:1月13日


寺院の3次元モデルの生成を開始した。この背景は、寺院は歴史的に火災や地震などに被災し、貴重な遺産が破損したり、消失したりすることが数多く起こってきた。残念ながら100%それを回避する方法は、存在しないと考えている。であれば、修復のための情報は最低限整備しておくことは必要なことであろう。また、そうしたデジタル情報を保有していれば、国民に情報開示するために利用できることになる。このような観点からは、スチール写真も有効ではあるが、360度VRや3Dモデルは極めて有効であると、感じている。
ということで、そうした文化遺産をデジタルデータとして残していきたいと考えていた折、ご縁あって埼玉県内のお寺の仏像、建物、墓所などの360度VRツアーを作製することをはじめ、その一環として3Dモデルも利用してみようという事になった。スキャニングはLiDARやフォトグラメトリを使っている。以下の例はSketchfabに投稿した作品の一部である。2023年8月23日新しいページ「3D models」を開設した。この活動はライフワークとして継続する。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年の鎌倉3D化計画

2024年の鎌倉における3Dモデル生成を計画している箇所を以下に示す。 場所:北条氏常盤亭跡 対象:法華堂跡、やぐら 場所:大仏切通し(追加分) 対象:切通しと側壁 場所:天園ハイキングコース(覚園寺裏山) 対象:十王岩、朱垂木やぐら、百八やぐら 場所:朝比奈切通し 対象:切通しと側壁 場所:明月院 対象:明月院やぐら 場所:池子石の石切場跡(逗子市) 対象:石切場

鎌倉のやぐらに関する文献

以下は鎌倉のやぐらに関する論文である。 神奈川県鎌倉市教育委員会,「西瓜ヶ谷やぐら調査報告書」ー平成24年度詳細分布調査ー ー平成25年度 重要遺跡確認調査ー,平成27年3月. 朽津 信明・李 心堅・関 博充・森井 順之・遠藤 努,「鎌倉市百八やぐらの保存を目的とした亀裂計測」,保存科学No.44,pp109-116,2005. 古田土俊一,「やぐらの起源をさぐる」,「鎌倉の文化財、その価値と魅力

  • 赤城山周辺の秋の風景
  • Kazushige Wada
  • Instagram
bottom of page