top of page
検索
  • 執筆者の写真和田一成

Syrp社Genie Mini IIとArsenalの併用

更新日:2019年12月18日

Syrp社はニュージーランドの小規模企業ですが、ドーリーや回転系モーションマウントなどを製造しています。私はGemie Mini IIという小型のパン専用装置を利用しています(雲台の直下の円筒状の装置)。写真は、Arsenalを接続したカメラを、Genie Mini IIに搭載した様子です。信号のやりとりは、Genie Mini IIでカメラを作動させた後に、そのトリガー信号を用いてArsenal側でHoly grail撮影へ切り替えてモーションタイムラプスでHoly grail撮影を行います。順序を正確にしないと適切な作動ができないことがありました。Genie Mini IIからのケーブルはアクセサリーターミナル端子へ接続します。 実際には、/Timelapse/Sliderを選択していきます。回転系モーションマウントも現在のところ、Sliderと同じ分類になっています。正式版になった際には、それなりの名前にしてもらいたいところですが。





閲覧数:27回3件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年の鎌倉3D化計画

2024年の鎌倉における3Dモデル生成を計画している箇所を以下に示す。 場所:北条氏常盤亭跡 対象:法華堂跡、やぐら 場所:大仏切通し(追加分) 対象:切通しと側壁 場所:天園ハイキングコース(覚園寺裏山) 対象:十王岩、朱垂木やぐら、百八やぐら 場所:朝比奈切通し 対象:切通しと側壁 場所:明月院 対象:明月院やぐら 場所:池子石の石切場跡(逗子市) 対象:石切場

鎌倉のやぐらに関する文献

以下は鎌倉のやぐらに関する論文である。 神奈川県鎌倉市教育委員会,「西瓜ヶ谷やぐら調査報告書」ー平成24年度詳細分布調査ー ー平成25年度 重要遺跡確認調査ー,平成27年3月. 朽津 信明・李 心堅・関 博充・森井 順之・遠藤 努,「鎌倉市百八やぐらの保存を目的とした亀裂計測」,保存科学No.44,pp109-116,2005. 古田土俊一,「やぐらの起源をさぐる」,「鎌倉の文化財、その価値と魅力

  • 赤城山周辺の秋の風景
  • Kazushige Wada
  • Instagram
bottom of page