top of page
検索
  • 執筆者の写真和田一成

文化財3Dモデルのインターネット公開の現況とTerraPicturesの比較(2024年3月)

更新日:3月29日

TerraPicturesでは、鎌倉市などを中心とした文化財の3Dモデル作成を進めているが、国内の公共施設との規模感などを把握をしたいと考えた。そのため、歴史系博物館や埋蔵文化財センターなどのsketchfab開設による3Dモデルの情報公開との比較を行ったので下表に示す。その結果、sketchfabに公開したTerraPicturesの公開規模は、日本全国の関連施設の平均的な規模に達していることが判明した(2024年2月14日現在)。この活動を進めたいと考えているが、本年度の目標としては、MODELSを100、Viewsを5000にして現況規模の倍増を目指していきたいと考えている。また質の点で言えば、以下の項目の達成を目標にしていきたい。

  • 360度完全モデル(マスキングの利用)

  • Blenderとの技術融合(下方へのextrude、ホールの修復)

  • 寺院との文化財保護活動の推進


最新実績:

         2024年3月29日 3.5k views, 21 followers, 73 models, 145 likes.

2024年2月29日 3.0k views, 19 followers, 63 models, 136 likes.


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年の鎌倉3D化計画

2024年の鎌倉における3Dモデル生成を計画している箇所を以下に示す。 場所:北条氏常盤亭跡 対象:法華堂跡、やぐら  ・・・24年1月現在、土砂崩れのため入れず 場所:大仏切通し(追加分) 対象:切通しと側壁 ・・・実施済み 場所:天園ハイキングコース(覚園寺裏山) 対象:十王岩、朱垂木やぐら、百八やぐら・・・実施済みも追加実施予定 場所:朝比奈切通し 対象:切通しと側壁 場所:明月院 対象:明

鎌倉のやぐらに関する文献

以下は鎌倉のやぐらに関する論文である。 神奈川県鎌倉市教育委員会,「西瓜ヶ谷やぐら調査報告書」ー平成24年度詳細分布調査ー ー平成25年度 重要遺跡確認調査ー,平成27年3月. 朽津 信明・李 心堅・関 博充・森井 順之・遠藤 努,「鎌倉市百八やぐらの保存を目的とした亀裂計測」,保存科学No.44,pp109-116,2005. 古田土俊一,「やぐらの起源をさぐる」,「鎌倉の文化財、その価値と魅力

鎌倉の文化財のDX化

鎌倉は神社仏閣、石造物、地形などの中世の文化的遺産が数多く人々を魅了している。しかし、これまでも火災や天変地異によって多くの貴重な遺産が破壊されたり、消失を繰り返してきた。一方で、デジタル化してそうした文化財を残すことによって、修理、修復などの再現が可能になる。私は、写真技術を用いて文化財のDX化を進める活動をしていこうと考えている。特にPhotogrammetry技術を用いた3Dモデル化は、貢献

Comments


  • 赤城山周辺の秋の風景
  • Kazushige Wada
  • Instagram
bottom of page