検索
  • 和田一成

ドローンを使った360度パノラマ撮影 360 panorama photography by drones

更新日:2020年4月1日

従来のドローンに搭載されていたカメラは、基本的に機体下部あるいは前方に登載されていたため、360度パノラマを作成する際に天頂部に空白ができてしまっていた。そのため、Photoshopなどで天頂部の「背景塗りつぶし」処理を行う必要が生じていた。しかし、最近は天頂方向にカメラを向けることのできる機体が発売されている。例えば、Parrot ANAFIは、機体前方に180度回転ジンバルを登載して、天頂だけでなく天底方向にカメラを向けられ2100万画素の写真(4K HDRビデオ)を撮影できる様になっている。これにより、パーフェクトな空中360度パノラマが生成可能になった。なお、画角がワイドで84度と現存するドローンの中では上限の広角なので効率的なパノラマ撮影が可能である。


Since cameras of conventional drones have been installed on lower or ahead of the airframe, we could not capture the sky above the drone (zenith part) in 360 panorama shooting. So, we had to proceed to fill the blank area of the image using a Content-Aware Fill function in Photoshop. However, the latest drone such as Parrot ANAFI has wide-angle camera mounted on a "gimbal" stabilized on 3 axes and it made possible to take pictures a vertical tilt of -90 to +90 degrees with the high resolution of 21MP photos. Eventually, this enabled us to capture photos covering 360 degree panorama surrounding the drone and to increase its productivity of panorama photo shooting.



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

近況報告

7月4日にアキレス腱断裂の怪我をして、7月7日に手術を受けた。1週間の入院となったが、9月上旬現在順調に回復してきていて、歩く際に脚に装着する歩行支援ブーツがそろそろ取り外せそうな状況にある。 怪我の原因は、テレビで放映していた運動を準備運動も無しに行ったことである。この年齢になると、運動前のストレッチなどは絶対に行わないと、通んでもないことになりかねないことを、学んだ。皆様もご注意して下さい。

狭山市立博物館設立30周年記念撮影

狭山市立博物館より設立30周年記念事業として、ビデオ制作の一部に来館者、職員の日常を静止画で撮影したいとのご希望があり、協力させて頂いた。撮影期間中には恐竜展が開催されていて、子供さん連れのご家族の来館者が多かったが、外国人の方も見受けられた。できる限りお声がけをして、この趣旨と将来的にYouTube投稿の可能性のあることを前提に、写真使用のご許可を頂いた。10月31日に記念式典が催されるとのこと

  • 赤城山周辺の秋の風景
  • Kazushige Wada
  • Instagram